インターンシップ・プログラムについて

TOP > インターンシップ・プログラムについて

メッセージ

同志社大学 多田 実

ビジネスコース 総合コーディネーター
同志社大学 政策学部 教授
多田 実

大学コンソーシアム京都のインターンシップ・プログラムが始まった1998年当時、「インターン」といえば、冗談ではなく本当に「医学部生の若いお医者さん」でした。学生のうちに就業体験をするという本来の意味は今も昔も変わりませんが、前例がなく参考にするものがなかったため、全てが手探り状態だったといっても過言ではありません。あれから20数年。現在では、企業が実施している夏休み中のインターンは大学生にとって「夏の風物詩」の一つになりました。また、教育プログラムとしてのインターンシップは、大学が単独で実施するようにもなりましたが、我々の「事前学習~就業実習・中間指導~事後学習」はあまたの教育系インターンにおいて採用されるデファクトスタンダードといえるでしょう。このような状況から、本財団のインターンシップの独自性の部分が弱まったことは否めませんが、学生も職員も教員も一丸となって取り組む「オール京都」の学際的なスタンスは、これまでもこれからも他では真似のできない貴重なものであり、ずっと大切にしていきたいと考えています。

受入先企業・団体の皆さまへ
本財団のインターンシップは、初年度から一貫して「教育プログラム」を念頭に置いております。このことは、受講生が所属する大学それぞれにおいて、本プログラムが四年間で卒業に必要とされる「単位」の一つとしてカリキュラム内に位置づけられているということです。そのため、単なる「会社見学」や「社会人体験」で終わってしまうことがないよう、事前学習時のゼミクラスにおいて、業界研究や実習に臨む目的や心構えを、マナー講習などの社会人に必要とされるスキルと共に、一人ひとり指導してから送り出しています。では、受け入れ先において、どのような実習内容を提供していただくのが良いのでしょうか。これに関しては、多種多様なケースが存在するため一概に述べることはできませんが、受講生がこのプログラムを終えて自分の大学に戻ったとき、残りの大学生活をどのように送るべきなのか、そのヒントや示唆になるような(具体的には、どのような科目を履修するのか、授業とは別に資格取得などにチャレンジするのか等々)新たな「気づき」を与えていただくような実習であれば非常に有益だと思われます。

学生の皆さんへ
「世界一受けたい授業」というテレビ番組がありますが、大学コンソーシアム京都のインターンシップも「目からウロコの授業」であると自負しています。その理由は、所属大学ではまず体験できないような、新鮮な学びや気づきが本プログラムにはあるからです。夏休み中、お世話になる受け入れ先では、少ない所で1名、多くても4~5名ぐらいの実習となりますが、事前学習や事後学習でのゼミクラスは、できるだけ同じ業界で実習する学生が集められ、1クラス10数名で構成されます。ゼミを担当する教員も自分の大学とは異なるタイプの学生に出会えることを楽しみにしている人が少なくないのです。そのようなゼミクラスで、受講生が、他大学の学生と仲良くなって、同じテーマについてディスカッションをするようなグループワークを行うことから、ものの見方や考え方にも新鮮な驚きや刺激が多数あるようで、プログラム終了時のアンケートでこの部分の満足度が例年非常に高いことからも、本プログラム一番のおすすめポイントになっていると自信をもって言えます。

社会人基礎力について

学生の間に身につけたい「社会人基礎力」について

社会人として必要なマナーや言葉使いなど、今後社会で生きていく上で必要な能力を身につけていく場として、大学コンソーシアム京都のインターンシップに参加してみませんか。社会人基礎力は意識し、鍛えることで徐々に身につきます。学生のうちにインターンシップで「社会人基礎力」を鍛えて、一歩先へ進みましょう!

1.前に踏み出す力(アクション)

一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力

  • 主体性
    物事に進んで取り組む力
  • 働きかけ力
    他人に働きかけ巻き込む力
  • 実行力
    目的を設定し確実に行動する力
2.考え抜く力(シンキング)

疑問を持ち、考え抜く力

  • 課題発見力
    現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 計画力
    課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力
  • 創造力
    新しい価値を生み出す力
3.チームで働く力(チームワーク)

多様な人々とともに、目標に向けて協力する力

  • 発信力
    自分の意見をわかりやすく伝える力
  • 傾聴力
    相手の意見を丁寧に聴く力
  • 柔軟性
    意見の違いや立場の違いを理解する力
  • 状況把握力
    自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
  • 規律性
    社会のルールや人との約束を守る力
  • ストレスコントロール力
    ストレスの発生源に対応する力

特長

大学コンソーシアム京都の
インターンシップ・プログラムについて

就職活動としてのインターンシップではなく、大学における学びの一環として位置づけ、実体験と教育研究の融合による「学習意欲の喚起」「高い職業意識の育成」「自主性・独創性のある人材育成」を目的とした教育プログラム(コーオプ教育)として、1998年度より全国に先駆けて開始しています。
単なる就業体験にとどまらず、実践から「働く」を考え、社会人基礎力を育成するカリキュラムを持ったキャリア教育として、受講生からも高い満足度を得ています。

大学コンソーシアム京都のインターンシップ・プログラム



高い満足度

1998年に事業開始以降、プログラムの修了生は約10,000人
受講生から高い評価を得ています

参加学生アンケート結果

インターンシップ・プログラム全体についてどの程度満足されていますか。
「2021年度インターンシップ・プログラム実施報告書」より

  • ビジネスコース

  • パブリックコース

  • 長期プロジェクトコース

ビジネスコース・パブリックコースからの評価の声
インターンシップ・プログラムに参加してよかった!

  • 学校では決して学べない内容を経験させて頂きました。今後の就職活動や日々の生活にも活かすことが出来ると思ったので、とても満足しています。
  • 実習先が自分の学びたい要素があふれている企業だったので、日々新しく学べることばかりで非常に刺激的な10日間を過ごすことができた。
  • 将来の不安がかなり解消されました。
  • 私の中で本プログラムに参加することはかなりの挑戦でしたが、本当に勇気を出して参加を決めて良かったと感じています。他大学の学生やコーディネーターの先生と交流できたことをはじめ、実習先で貴重な経験や学びを得ることができたこと、仕事に関することだけでなくキャリアや社会で善く生きていく術を知ることができたのは大学4年間の中でも大きな学びになったと思います。
  • コロナ禍なので致し方ないが、開催形式により内容に差が出るのがもったいないと感じていたが、私はオンライン形式であっても多くの学習と経験をさせていただき、メリットは多くあることを実感した。
  • ただ緊張するばかりではなく、オンラインでありながらも楽しんで協力してプログラムができた。

事前学習・事後学習について

  • しっかりとした事前学習があったからこそ、実習先でいい質問をすることができました。また、事後学習もありすべてのことを言語化して発表したことにより、得られた力を整理することができいいインターンシップでした。
  • 自身の第一志望ではなかったが、さまざまな実習先の候補が用意されていて選択の余地がかなり多かったことが良いところだと思う。事前学習や事後学習もあり、インターンシップにおいて自分がどう成長したのかを考えられた。
  • コロナ禍の状況を考慮し、zoomを通して事前学習を行うなど、実施方法を工夫しながら行っていただけたこと、大変感謝しております。
  • 単に企業・官公庁での実習だけでなくマナー実習・リスクマネジメントなどの予習や意見交流会など振り返りなどもしっかり行っていただき、大変貴重な体験となった。

異なる価値観の人たちとの出会い

  • 同じクラスの実習生を中心に、さまざまな実習生と関われたことも大きかった。自分にはない意見もたくさん聞けたので良かった。
  • クラスでのグループワークでは他大学の受講生とディスカッションできて貴重な機会となりました。
  • 事前学習で実習やこれから必要な事を学べたことや、他大学の方と意見交流できたことで考え方や視野が広がった。
  • 個人的な事情もあり、大学の授業と並行してインターンシップ・プログラムを受講することはとても大変なものでしたが、普段の生活では関わることのなかった人たちとコミュニケーションを交わすことで、自身の成長に繋がった。

成長した!意識が変わった!

  • 実際に働く職員の人たちの姿を見て、在学期間中に自分がつけておくべき力が鮮明になった。
  • 自分の知らない一面に気づくことができた。
  • エントリーシートを書いたり、事前学習をしたり、社会人として会社で働いたり、実習先での体験など、初めてやることばかりで不安や緊張がたくさんあったが、振り返ってみるととても貴重な経験をさせてもらったと感じる。このインターンを通して、自分の良いところ・悪いところなどの発見ができたので、それをどう改善して今後に活かしていくかというところをこれから考えていきたい。
  • 今回のインターンシップは非常に満足のいくものでした。実際の企業の業務内容や働き方のスタイルを目の前で見ることができたのもそうですが、何より自分の将来に対する視野が広がりました。教員志望ですが、より様々な業種を幅広く見てみたいと思うことができました。
長期プロジェクトコースからの評価の声
  • インターンシップ を通して、コミュニケーションの取り方や、チームで動くことの難しさを感じました。これは、とても大きな経験でした。感謝です。
  • 活動期間を長く感じる時期もありましたが、終えてみると、長期間だったからこそ学べることがたくさんありました。学校では得られない貴重な機会をいただき、ありがとうございました。
  • 大学での学びとリンクさせ、課題解決するプロセスを実践できたり、実習先、チーム内で合意形成を図りながら進めていくことができ、大きな変容が起こる(大きな成長につながる)インターンシップとなりました。
  • 講義で学んだことを実習で実践して活かすことが出来、成長に繋がった。コロナでほぼオンラインだったが、他大学の生徒と交流する機会があったり、他のプロジェクトチームの発表が聞けたりと刺激を受けることも沢山あった。
  • 期間が長い分、じっくりとプログラムに取り組むことができ、多くの学びがあったから。また、受け入れ先、コーディネーターの先生、事務局の方のサポートが手厚かったから。
  • 就職直結型のインターンシップとは違い、大学生活に活かせる学びがあった。
  • 幅広い挑戦ができ、多くの方から学ぶ機会を得られたことは学生生活でも限られており、自分自身を振り返るきっかけとなった。
  • 本インターンシップを通して今後に活かせる課題やキャリアの選択肢が見つかり、参加当初の期待を上回るものとなりました。

コンソ京都の動画チャンネル

インターンシップに取り組む中で作成した、インタビュー動画、学生の自己紹介動画、事業の紹介動画等を紹介しています。
ぜひご覧ください!

インターンシップ・プログラム2022のご紹介

当インターンシップ推進事業室のスタッフが、2つのコースの特⻑、プログラムへの参加⽅法などこの動画で詳しくご紹介しています。
参加を少しでもご検討いただいている学⽣のみなさん、ぜひご覧ください!!

【目次】
● 0:00
 ごあいさつ
● 0:15
 ⼤学コンソーシアム京都の紹介
● 1:14
 ⼤学コンソーシアム京都のインターンシップ・プログラムとは
● 3:17
 2つのコースの紹介
● 4:09
 ビジネスコース/パブリックコースの紹介
● 6:30
 ⻑期プロジェクトコースの紹介
● 10:30
 インターンシップ・プログラム参加⽅法
● 19:32
 プログラム事前説明会・相談会の紹介

再生時間(約22分)

インターンシップ・プログラム 紹介動画

【目次】
● 0:40
 インターンシップ・プログラムとは
● 6:13
 ビジネスコース/パブリックコースの紹介
● 10:02
 受入企業・団体からのコメント
 (ビジネスコース/パブリックコース)
● 10:50 
 長期プロジェクトコースの紹介
● 14:40
 長期プロジェクトコースプロモーションビデオ
 (インターン生作成)
● 18:15
 受入企業からのコメント
 (長期プロジェクトコース)
● 20:42
 コーディネーター(大学教員)からのメッセージ

再生時間(約25分)

ビジネスコース 実習先からのメッセージ

三共精機株式会社 
代表取締役会長 石川 武 様
再生時間(約30秒)

パブリックコース 実習先からのメッセージ

京都市役所
総合企画局総合政策室 大学政策担当 吉田 智彦 様
再生時間(約10秒)

長期プロジェクトコース 実習先からのメッセージ

関西巻取箔工業株式会社
取締役C.O.O 久保 昇平 様
再生時間(約2分30秒)

長期プロジェクトコース 紹介動画(学生成果物)

2019年度大学コンソーシアム京都で受入れたインターン生3名が、「長期プロジェクトコース」の魅力をPRする動画作成プロジェクトに取り組み制作しました。
インタビューとともに各プロジェクト現場の様子を是非ご覧ください!
再生時間(3:25)

長期プロジェクトコース体験談 紹介動画

「大学では学べない 大学でしか学べない 経験」
大学コンソーシアム京都のインターンシップ・プログラムは、就職活動の一環ではなく、社会経験と大学教育プログラムを融合させている教育プログラムです。特に、「長期プロジェクトコース」は、企業、団体が提示するプロジェクトに取り組み、課題解決経験を得ることができます。
2019年度に参加した学生さんの経験をお聞きください!
再生時間(7:40)

基本方針

大学コンソーシアム京都では、インターンシップ・プログラムの実施にあたり、大学教育の一環としておこなうため、次の基本方針に基づき実施しています。

インターンシップ・プログラムの実施に関する基本方針

1. 基本方針
 公益財団法人 大学コンソーシアム京都(以下、本財団という)が行うインターンシップ・プログラムは、大学教育の一環としての産官学地域連携による教育プログラムである。採用に直結するインターンシップ・プログラムとは異なり、その教育効果として「学習意欲の喚起」「高い職業意識の育成」「自主性・独創性のある人材育成」を目標に掲げたプログラムに基づいて実施する。

2. 責務
 受入れ企業・団体、学生の所属大学および本財団は、学生が主体的に学ぶ機会の提供に努め、三者による協定に基づき、三者の連携による質の高い就業体験プログラムの確保に努める。
 本財団より委嘱を受けた大学教員は、コーディネーターとしてインターンシップ・プログラムの運営にあたり受入れ企業・団体と学生のコーディネートを担う。

3. インターンシップの設計について
 インターンシップの設計にあたっては、基本理念に掲げる教育効果に結びつけるために、学生が達成する目標を設定する。

4. インターンシップの実施について
 学生募集にあたっては、本財団が主体となり、教育プログラムとしての趣旨を説明し、理解を示す学生の出願を受付けるものとする。
 インターンシップ実習においては、学生に任せる仕事の位置づけを明確にし、実習内容と受入れ要件を明示する。
 インターンシップ実習の期間中は、学生に対して状況に応じた適切なアドバイスができるよう、受入れ企業・団体において指導担当者をおく。
 インターンシップ実習の前後には、コーディネーターの指導の下に学生が自らの学びと成長を言語化する機会を設ける。

5. インターンシップの評価について
 大学生の就職活動をとりまく社会情勢をとらえ、より質の高い就業体験プログラムの提供を目指して、学生と受入れ企業・団体および学生の所属大学からの評価を得る機会をつくり、インターンシップ事業企画検討委員会を通して見直しと改善へつなげる。

制定日 2014年11月14日
公益財団法人 大学コンソーシアム京都
インターンシップ事業推進室

インターンシップ・プログラム実施報告書

大学コンソーシアム京都では、年度毎にインターンシップ事業の実施状況をまとめ、本事業をより良いものにするために活用しています。

2021年度インターンシップ・プログラム実施報告書 2021年度
2019年度インターンシップ・プログラム実施報告書 2019年度
2018年度インターンシップ・プログラム実施報告書 2018年度
2017年度インターンシップ・プログラム実施報告書 2017年度
2016年度インターンシップ・プログラム実施報告書 2016年度
2015年度インターンシップ・プログラム実施報告書 2015年度
2014年度インターンシップ・プログラム実施報告書 2014年度
2013年度インターンシップ・プログラム実施報告書 2013年度
2012年度インターンシップ・プログラム実施報告書 2012年度

事業概要

実体験と教育研究の融合による「学習意欲の喚起」
「高い職業意識の育成」「自主性・独創性のある人材育成」

大学コンソーシアム京都のインターンシップ・プログラムは、就職活動としてのインターンシップではなく、大学における学びの一環として位置づけ、実体験と教育研究の融合による「学習意欲の喚起」「高い職業意識の育成」「自主性・独創性のある人材育成」を目的とした教育プログラム(コーオプ教育)として、1998年度より全国に先駆けて開始しています。単なる就業体験にとどまらず、実践から「働く」を考え、社会人基礎力を育成するカリキュラムを持ったキャリア教育として、受講生からも高い満足度を得ています。

リスクマネジメント

三者協定締結について
インターンシップ実習をより円滑に進めるため、実習生の身分、秘密保持及び実習生に対する処分等を内容として、受入先・学生の所属大学・大学コンソーシアム京都の三者による協定を締結しています。

保険への加入
大学コンソーシアム京都では、実習中の思わぬ事故に備え、受講生全員の傷害保険及び個人賠償保険への加入手続を行っています。

ハラスメントに対する取り組み
大学コンソーシアム京都では、ハラスメント相談窓口を設置しています。困ったときには些細なことでも構いませんのでご相談ください。

相談方法 電話またはメールで、ハラスメント相談員宛にご連絡ください。
電話 075-353-9103(日・月曜日を除く9:00〜17:00)
メール talk[アット]consortium.or.jp

お問い合わせ先

公益財団法人 大学コンソーシアム京都 インターンシップ事業推進室
TEL 075-353-9106 FAX 075-353-9101
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
※窓口受付時間:火~土曜9:00~17:00(年末年始を除く)