公益財団法人 大学コンソーシアム京都

大学コンソーシアム京都のインターンシップ

メッセージ

同志社大学 多田 実

ビジネスコース 総合コーディネーター
同志社大学 政策学部 教授
多田 実

大学コンソーシアム京都のインターンシッププログラムが始まった1998年当時、「インターン」といえば、冗談ではなく本当に「医学部生の若いお医者さん」でした。学生のうちに就業体験をするという本来の意味は今も昔も変わりませんが、前例がなく参考にするものがなかったため、全てが手探り状態だったといっても過言ではありません。あれから20数年。現在では、企業が実施している夏休み中のインターンは大学生にとって「夏の風物詩」の一つになりました。また、教育プログラムとしてのインターンシップは、大学が単独で実施するようにもなりましたが、我々の「事前学習~就業実習・中間指導~事後学習」はあまたの教育系インターンにおいて採用されるデファクトスタンダードといえるでしょう。このような状況から、本財団のインターンシップの独自性の部分が弱まったことは否めませんが、学生も職員も教員も一丸となって取り組む「オール京都」の学際的なスタンスは、これまでもこれからも他では真似のできない貴重なものであり、ずっと大切にしていきたいと考えています。

受入先企業・団体の皆さまへ
本財団のインターンシップは、初年度から一貫して「教育プログラム」を念頭に置いております。このことは、受講生が所属する大学それぞれにおいて、本プログラムが四年間で卒業に必要とされる「単位」の一つとしてカリキュラム内に位置づけられているということです。そのため、単なる「会社見学」や「社会人体験」で終わってしまうことがないよう、事前学習時のゼミクラスにおいて、業界研究や実習に臨む目的や心構えを、マナー講習などの社会人に必要とされるスキルと共に、一人ひとり指導してから送り出しています。では、受け入れ先において、どのような実習内容を提供していただくのが良いのでしょうか。これに関しては、多種多様なケースが存在するため一概に述べることはできませんが、受講生がこのプログラムを終えて自分の大学に戻ったとき、残りの大学生活をどのように送るべきなのか、そのヒントや示唆になるような(具体的には、どのような科目を履修するのか、授業とは別に資格取得などにチャレンジするのか等々)新たな「気づき」を与えていただくような実習であれば非常に有益だと思われます。

学生の皆さんへ
「世界一受けたい授業」というテレビ番組がありますが、大学コンソーシアム京都のインターンシップも「目からウロコの授業」であると自負しています。その理由は、所属大学ではまず体験できないような、新鮮な学びや気づきが本プログラムにはあるからです。夏休み中、お世話になる受け入れ先では、少ない所で1名、多くても4~5名ぐらいの実習となりますが、事前学習や事後学習でのゼミクラスは、できるだけ同じ業界で実習する学生が集められ、1クラス10数名で構成されます。ゼミを担当する教員も自分の大学とは異なるタイプの学生に出会えることを楽しみにしている人が少なくないのです。そのようなゼミクラスで、受講生が、他大学の学生と仲良くなって、同じテーマについてディスカッションをするようなグループワークを行うことから、ものの見方や考え方にも新鮮な驚きや刺激が多数あるようで、プログラム終了時のアンケートでこの部分の満足度が例年非常に高いことからも、本プログラム一番のおすすめポイントになっていると自信をもって言えます。