TOP > 学生の方へTOP > Q&A(学生からよくある質問)

Q&A(学生からよくある質問)

出願・面接について

Q: 出願方法を教えてください。
出願期間内にWebを通じて出願してください。出願データを登録する際、入力途中で保存はできませんので、別途下書きを作成・保存しておくことをお勧めします。なお、顔写真については、面接書類及び決定した実習先への送付書類に掲載します。
▶出願手順についてはこちら

Q: 志望理由はどのようなことを書くのでしょうか?
「インターンシップを通じてどんな成長をしたいのか」「どんな社会経験を積みたいのか」など、個別の志望先の志望理由ではなく、インターンシップ全般に対する意欲を400字以内(8割以上の入力を推奨)で記入してください。志望理由については、面接書類及び決定した実習先への送付書類に記載します。

Q: ビジネスコースとパブリックコースは、併願できますか?
ビジネスコースとパブリックコースは併願できます。
(例) 第1志望実習先「パブリックコース」、第2・第3志望実習先「ビジネスコース」
ただし、「ビジネスコース/パブリックコース」と「長期プロジェクトコース」は、併願できません。

Q: 面接はどのように行われますか?
オンラインにて面接(ビジネスコース/パブリックコースはグループ面接、長期プロジェクトコースは個人面接)を行いますので、Web出願時に面接日時を予約してください。面接日2日前までにzoom接続先、集合時間、注意事項等をお知らせします。面接時の服装は、原則スーツ着用です。面接では志望動機をしっかり答えられるようにしておきましょう。

インターンシップ・実習について

Q: 実習日程は決まっていますか?
出願時に既に実習日程が決定している実習先もありますが、決まっていない実習先については、実習先事前訪問時に双方確認・相談のうえ、決定する予定です。

Q: 実習は対面で行われますか?
実習先によって、オンラインで実施する実習先もありますので、志望実習先の実施方法について十分確認してください。社会状況により、対面の予定からオンラインに変更となる場合があります。
対面で実施される実習に参加する場合は、実習先から提示される感染症予防対策を遵守するとともに、各自、健康管理に気を付けてください。対面での実習参加に対して疑問や不安がある場合は、インターンシップ事業推進室(事務局)にご相談ください。

Q: 実習地への交通機関は?
出願する前に、実習地に公共交通機関で通勤できるか、所要時間をよく確認してください。バイク・自動車での通勤は一切認められていません。

Q: インターンシップに参加するには、ワクチン接種は必須ですか?
本プログラムへの参加にあたり必須ではありませんが、ワクチン接種を必須としている実習先もあります。受入条件を確認の上、出願してください。

Q: ワクチン、PCR検査等の費用補助はありますか?
財団での補助はございません。実習先による補助の有無については、受入れ条件を確認してください。

事前・事後学習、講義について

Q: 講義日程はいつですか?
各コースの講義計画を確認してください。
▶ビジネスコース/パブリックコース講義計画
▶長期プロジェクトコース講義計画

Q: 講義に出席できない日があります。
ビジネスコース/パブリックコースの事前・事後学習、長期プロジェクトコースの講義は、出席必須です。あらかじめ予定を調整してください。

Q: どんな服装で参加すればいいですか?
講義内容によってスーツ着用が必須の日と、普段着の日があります。初日の服装は、選考結果通知書とともにお知らせします。

Q: ビジネスコース/パブリックコースの事前・事後学習はどのように行われますか?
事前・事後学習は全てオンラインで実施します。講義内容によって受講生全体またはゼミクラスに分かれて講義を行います。ゼミクラスは実習先の業種や実習内容で分かれており、担当コーディネーターの先生や様々な大学の学生と交流できます。

Q: 長期プロジェクトコースの講義はどのように行われますか?
原則、キャンパスプラザ京都にて対面で行います。新型コロナウイルスの感染状況により、講義の実施方法が変更(オンライン)になる場合がありますのでご了承ください。講義出席に対して疑問や不安がある場合は、インターンシップ事業推進室(事務局)にご相談ください。

Q: スマホからオンライン講義に参加してもいいですか?
資料送付、画面共有など、講義をスムーズに進めるため、パソコンからの参加を推奨します。